ナミテントウの不思議


この時期になると越冬場所を求めてテントウムシ(と、カメムシ)で家が賑わうわけです。雨戸を開ければパラパラ落ちてきて、食器棚を開ければゴムパッキンの裏に隠れたりしてて…なかなか楽しかったりするのですね。

ところでこのナミテントウは二紋型と四紋型ですが、一説には柄のパターンは200種ほどあるって…何でナミテントウだけこんなに種類があるんだ!?同じテントウムシでも、ナナホシテントウやカメノコテントウは基本的にみな同じ柄なのに。

自然は不思議がいっぱい。


コメントは受け付けていません。

  • 2020年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 山梨県の天気

  • 美術館地図

  • 筆者紹介

  • 最近の日記

  • 過去の日記

  • カテゴリー

  • おすすめブログパーツ

  • その他

  • サイト検索